卵巣嚢腫

すべり症の主な症状は足の痛み

立っていられないほど痛い

生理は高校生になって始まったのですが、最初の頃は生理痛に悩まされることもありませんでした。しかし大学生になった頃から生理痛が重くなり、2日目までは鎮痛剤が手放せなくなりました。鎮痛剤をあまり内服するのも良くないと思い、休日に生理があたった時などは鎮痛剤を飲まずに横になったりして耐えていました。しかしそううまく休日にあたるという事も難しいので鎮痛剤に頼らざるを得ませんでした。鎮痛剤を飲まないと立っていることが出来ないのです。歩いている時はまだ痛みが紛れるのですが、それも長時間になると辛いですし電車で座れないときは本当に辛くて仕方がありませんでした。そんな時、布ナプキンをすると化学繊維でないので体にも良く保温効果もあるので生理痛の痛みが軽減すると知りました。痛みが少しでも軽減するのならばと藁にも縋る思いでしたが、使用方法を見るとナプキンを付け替えた後に経血が付いた物を持ち歩かなければならなかったり自宅で一日水につけ置いてから手洗いしなければならないとわかり家族と住んでいるので少し難しいと思いました。しかし500円で試せるという事もあり、一度試してみる事にしました。布なので染み込んで漏れてしまうのではないかと、付けている間も凄く不安でしたがそのような事もなく外出先でも安心して使用する事が出来ました。持ち運びもポーチに入れると気にならず、つけ置きはやはり難しかったのでつけ置きはせずにすぐに手洗いしましたが問題ありませんでした。布ナプキンを何度か使用すると、保温効果が実感でき本当に生理痛が軽減したので驚きました。化学繊維を使っていないので体にも良いので是非生理痛で悩んでいる人には一度使ってみて欲しいです。
卵巣嚢(のう)腫|洋子ママの妊娠出産ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

葉酸マカ


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る